40`Mercury 物語 ②

僕たちはオリジナルのビルダーから数えてもう3世代目
僕の相棒Kyleの爺さんは昔LosAngelsでOlds CUSTOMを乗ってた

特にLate40‘sCUSTOMは謎が多い それは経験を積んだフリー職人が呼び寄せされてChopTopやBodyWorkをしていたため、Shopが違えど職人は一緒だったなんて事は今でもある。

c0213212_2118182.jpg


とりわけ30年代にKurtis-KraftでBodyWorkを修行していた職人が40年代に呼び寄せ職人としてCUSTOMしていたと言われる説が大好き

c0213212_21284487.jpg


Late40`s と50‘sのCustomの違いは50‘sCustomは完全にShowビジネスとリンクしていたのに対して40‘sCustomはIn-DoorよりはDryLakeで走っている姿が多いことで解るように、多分にSPEEDを求めたCUSTOMであると言う事。 それは最もピュアな時代のCUSTOMであり、For Streetであり、余分なアクセサリーなど無いのもそのためである。

c0213212_21444430.jpg



BodyWork職人は昔から存在し、有名Shopの下請けをし、町から町へ留まる事もなく自由にCUSTOMしていたのは今や爺様からしか聞くことができない



マイクネスのChevyもコールホスターのShopでKustomされたが、実際の作業は呼び寄せ職人の僕の友人がメタルワークを仕上げていて、雑誌にお披露目される頃には、もう違う町で次の車を切っているのである。


スポットライトが当たらない呼び寄せ職人。
”俺があの車をChopしたんだ”と言い出さないのがいい職人のマナーで
そんなアメリカの本当を僕のブログを読んでくれている方に少し知ってもらいたい


                     だから



呼び寄せ職人は 今でも ”最もピュアな時代” であった 40‘s CUSTOMに
ロマンを感じるのである。

40‘sに帰りたい職人と 当時”を感じたいドライバーの  情熱物語はまた明日!


今夜もアナタのビールのお供に  TRIDENTで御座います


                                  ☆Abe‘s Mercury☆                               
c0213212_2228245.jpg
                                                                     
by whosaidcant | 2009-10-28 22:40
<< 40`Mercury 物語 ③ 40`Merc 物語 >>