浪花節 改革こそ明日への一歩

今宵は祭ばやしのリズムにのせて、
ズンドコやって来ましたTRIDENTで御座います


BGMは浪花節で♪





OWFに行ってきました
c0213212_22245694.jpg




溶接ロボもイロイロ展示されてて 働いてたな~
c0213212_22282226.jpg




ん~ 何を吊り上げるねやろ? コレ自体かなり重たそう
c0213212_2231488.jpg




パイプベンダー Type1
c0213212_22364742.jpg




パイプベンダー Type2  これはマフラーにいいかも・・
c0213212_22381091.jpg




Stars!の奥田君が実演に挑戦中でした! ダイヘンの最新型溶接機
c0213212_2241494.jpg




職人の世界ではGasWeldはまだ主流 美しくポリッシュされた器具が展示されてました
最近は炙りトーチはプロパン/酸素が半分以上になっております。
ここは例年よりも大きなブースになってた。 確かなものつくりは不景気関係なしですね。
c0213212_22512184.jpg




これは驚いた!の全て防爆ツール  
トランク開けたらこれが納まってたら防爆マニアもビックリ??
どこで使うの?と聞いたら 原子炉とからしい・・
非磁性ベリリウム銅合金という素材 はじめて聞いた!
c0213212_22582636.jpg





関西のものつくり祭りは作業着来た人達とメーカーの人との交流の場であり勉強の場で
それはホームセンターなんかには納品しない!というプロ向けの商品を作っているメーカーさんと

俺の溶接は1センチ千円じゃい! と吼える職人とが、今日より明日いいもの作るんや!という意思の元に

集結・・  大手溶接材メーカーさんの若者も僕なんかに『使ってください!』と名刺をくれる。

よっしゃ!そしたらアンチモ二合金のロウ棒と500番台の鉄の共付け材持って来い!

という僕の無理難題な 注文にも 『ハイ またお電話させて頂きます』と45度お辞儀してくれる。

TRIDENTみたいな小さな会社でも招待状を出してくれるOWF

それは僕の発注が珍しいものばかりで、何度かメーカーさんが仕事を見にきてくれて

素材を持って帰り、溶加棒を作ってくれたりサンプルくれたり・・

昔、なんでこんな小さな発注に ここまでしてくれるの?と聞いたら

出来ない ありません と言った瞬間から進歩が止まります と部長さんが言ってた・・

世界の下請け工場が集結してる関西

安い アジアンメーカーもブース出してたけど 人がほとんど立ち寄らない

その風景に ものつくり世界一を目指す『やったろう関西』の 心意気を見た!


お洒落や Koolなんて言葉とはほど遠い職人祭りですが

年に1度のこの祭りが僕は大好き




最後までありがとうございましたぁ~(48度お辞儀)


今夜はアナタの恋女房になりたいTRIDENTで御座います



 
by whosaidcant | 2009-11-08 23:37
<< COOL CAT`S Japanese Sandwi... >>