Gas Weld

今夜はVintageCarやアンティークの置き物などに良く使われているアンチモン合金のロウ付けについてで御座います


一言でアンチモン合金と言いましても、成分により色んな金属が含まれていますから、個々に融点が違い、毎回注意深く炙らないと、突然目の前で解けて無くなるのがアンチモン合金の誰も修理をやりたがらない由縁であり


たしか自動車に良く使われるアンチモンで750度くらいが融点で 確実にロウ付け出来る温度が720度
30度炙りすぎると抜け落ちる ハイリスク極まりないメタルで 僕は大嫌い。

この事を先日HappyHellなんですさんに相談したら
”抜け落ち防止に鉄の受け作ってロウ付けしたらいいんじゃね~?”と 語尾上げ気味に教えて貰いました。

おおッ そうか! と 今日はたまりに溜まったアンチモンのロウ付け大会のTRIDENTで御座います


そのなかで ご紹介するのは 世界のSuperCabの フェンダーの先ッチョの飾り
僕の友人の部品で御座います

c0213212_23175974.jpg


ポキッ となっては荷台の演説用みかん箱もカッコつかないと友人 たしかCなにやらというカブでした。

3ヶ月も待ってもらって ようやく 合体!

c0213212_23253379.jpg



表はなんかの処理してあるから裏だけロウ付けしたけど なんとか使えるかな??
c0213212_2328823.jpg



アナタが望めば 裏表 ロウ付けしますよ~


これでアメリカのVintageライセンスフレーム(アンチモン合金)を日本のナンバーサイズにロウ付けする事もできるかな? てか 何台かロウ付けしたな・・・


今回使用した道具のご紹介
C型 カブ より古い 酸素/アセチレン トーチです

c0213212_23381753.jpg


昔、SwapMeetでひとめ惚れした1ッ品 日本に渡りTRIDENTで現役復帰!



c0213212_23473112.jpg



トーチノズルはVictorの1番 1950年代物 000番~あるのですがロウ付けは1番が使いやすいです





c0213212_0114989.jpg



ほんで 最後は僕の大好きなニッパー君♪

本日も最後までお付き合い ありがとうございました!



 
by whosaidcant | 2009-12-04 00:21
<< HANK ! ZIM MFG.CO. >>