☆ 4banger ☆

今年は32カウンタークランク買いたい! 今からSwapMeetが楽しみです♪


c0213212_2094939.jpg



4Bangerのジャーナルの修理に錫のBlock(板)を在庫しているのは 多分TRIDENTだけかも?

坩堝で溶かして再コーティングとかサイドウェイ調節、シム調節に使います

10年在庫して 一度も売れていません 

売れない間にアンダーサイズのメタルも売り出され より良い素材となり

もう錫Blockと坩堝のジャーナルリペアSetなどカタログから消えました


ですから回転トルクで規定値を出して組む FlatHeadの37年までのクランクの組み方は

もう過去なのかも知れません



c0213212_20282594.jpg



40`s以降のエンジンなら焼きつくかも? と思えるくらいの抵抗があってOKな20~30‘sクランクは 戦後の回転トルクの数倍が規定値です

グルグルグルグル

グルグル グルグル

毎日グルグルしているうちに規定値が出ます


昔は何度やっても規定値が出なくて アメリカの内燃機屋の友人に泣きつきました

そしたら『センターを中心にサイドへテーパーにジャーナルをナイフで削るんだよ』と教えてくれた


そうやって組んだクランクは今でも元気に走ってくれています

次はもうこんな組み方しないかも知れない

時代の進歩という奴です  部品も出揃いました


健康なエンジンBlockならサクサクとエンジンが組みあがります


もう坩堝なんて要らないかも・・・

埃にまみれた錫と陶器とホウ砂を見て Vintageエンジンの中身の進化にため息ひとつ


僕もすでにOld Guyで御座います





時間無い方は3:30秒から
71歳のお爺さんとオリジナルFord 


by whosaidcant | 2012-02-17 21:25
<< ☆原点回帰☆ ☆ to be free ☆ >>