Welding News


大阪ウエルディングフェスタに小雨の中行ってきました

昨年よりはずいぶんと賑やかで、やはり昨年は電力不足もアリ

さびしい気がしたOWFですが 今年は実演が多くて楽しめました

自動車は炭素鋼板~鋼板 耐食鋼板 メッキ鋼板と10種類以上の鉄が溶接されております

それに付随する規格溶接材は10種類以上 CO2にMAG そしてパルスMAGまで組み合わせると30種類以上の溶接法で作られております

昨年でまた溶接規格が変わったそうで、何かと質問したり注文したりで忙しく過ごしました



レーザー溶接に足が止まりました

c0213212_213228.jpg



Penみたいなもので接触して溶接するので火が見えません

なぞるだけで溶接できます しかも素手です


c0213212_2145765.jpg



t-0.5 ステンレス突合せ 驚く事に中に水が入っています




c0213212_2165924.jpg


本当になぞるだけで溶接出来ます 素材も選ばないとの事



このマシーンでChop-Topをしたなら、世界を唸らせると思いますが

たしか1ヶ月のリース料が200万~だったと思います

Kustom世界一を目指す方は是非(笑)






昔ながらの炙りトーチ 美しい道具です

c0213212_2225246.jpg




掃除が大変な事知っている貴方は職人ですね!

c0213212_2263114.jpg



アセチレンはもうトーチに逆火防止弁が付いている物しか売ってませんね

たしかに逆火してボンベ飛んで行った話は あまり聞かなくなりましたが

僕が子供の頃は工事現場でアセチレンボンベが火を出しながら大人が右往左往しているのを見たことがあります

時代は安全第一です。



今回は以前から話を聞きたかった鋳物溶材のメーカーさんが来られててお話をする事が出来ました

時代が変わり 鋳物も溶接法が進化しているみたいです

サンプル溶材を使うのが楽しみです♪


元素記号飛び交う社交場は 職人の仕事場で御座います

ワークシャツにネクタイ気分でレッツラGO

今年も良い時間を過ごせました。
by whosaidcant | 2012-11-21 12:49
<< ★Lahaina Day ★ 情報最前線 >>