Ford Model BB Crankshaft


Counterweight shrunk on.


c0213212_23293844.jpg



c0213212_23305665.jpg



c0213212_23343629.jpg



Main Journal Size 1.977 - 1.978

Rod Jounal Size 1.849 - 1.851


c0213212_23391223.jpg




計測分解を必要とするVintageエンジンは 注意深く分解しなければなりません

消耗部品交換で組みなおすだけでもオーバーホール

ガスケット換えてもオーバーホール

分解もイロイロ


今回のクランクはBB-Crankshaft 020アンダーです

当時は組み直しようにFordから純正部品で020アンダーシャフトが出ていました
このクランクは1936年よりリビルト用に製作された020+002”アンダーで御座います

002”アンダー加工は1932年のFordのリコールで Main BearingのOil Grooveの切削と002”へのアンダー加工を指示するものでした

Ford Flat Head や4Banger は専門職です

何の事書いているのかさっぱり解らない方は専門Shopに相談するのが良いかと思います

4Bangerのクランクは未だに情報が足らないのは部品に品番が無いからです


今回は検索してもあまり世界で写真の上がらないBB Crankです

C"クランクと呼ぶ方も居てますが C"クランクとダイヤモンドBlockの話は長くなるので次回に。
by whosaidcant | 2013-03-08 01:20
<< Keep a Knockin 形あるものは壊れます >>