TRIDENT 2次燃焼システム

2ピースバルブガイドからの圧縮ガスや排気ガスのバルブルームへの吹き抜けは戦前エンジンの宿命なのですが
それに伴い、ブローバイノックとブリーザーパイプからのオイルミストの飛散は、エンジンビルダーにとっては悩みの種です

そこでこのブローバイを2次燃焼させることを長年考えてきたのですが
日本のメーカーさんの力を借りまして、やっと形になりました

バルブルームを貫通してフロントタイミングカバーのバルブルーム~オイルパンとの通路に日本製のバルブシステムを仕込みました
この仕様は 僕が知る限り世界初です。

ブローバイノックが無くなりエンジンが回るようになりますが、2X2でも燃調が出ます
そしてオイルパンは負圧が発生するのでブローバイパイプからのオイルミストの飛散も少なくなります

V8に続いて 4bangerも試作品を出しました
共にアイドリング時の燃調は現代の車の車検基準に匹敵するほどの数値が出ています(当社テスト)


エンジンの中にバルブシステムを組み込みますので外観からは21世紀の部品が付いてる事は分かりません

c0213212_23381805.jpg
友人のRoadsterは自走でOff Lineにエントリー予定です
試作品付けてくれて感謝X感謝です。



by whosaidcant | 2017-03-23 00:34
<< ★Port Town Party★ Off Line Buy an... >>