2011年 10月 26日 ( 1 )

一歩先へ

c0213212_11441316.jpg


注)一般は入場できません



時代は変わる JISからISOへ
そして町工場も変わる


キチンと襟元正さなきゃ 出るとこ出られない
工場レベルセブン
火災報知機は全部で10個も取り付けた


ISOを修得し工場を整理整頓
すると全国200以上の産業メーカーと付き合いがはじまる






Model A のオリジナルレールを溶接するとして

半自動でするのか TIGでするのか 貴方はどちらが強度あると思いますか?
TIGなら120種類ある棒の どれを使いますか??
FlaxTIGという技法使ってますか?




ドライブシャフト詰めるのですか?
600番鉄はどのように溶接するのですか?



工業試験場 使ったことありますか?





そういう答えはPROの世界
美しいビートは規格強度に達しないものもあるから
化粧溶接はシャシーでは許されない



焼きすぎ
点付けの連続
溶加棒の不足
えぐれにざぐり
突合せ不良
アンペア足らずの化粧ビート
ピンホール
材質硬度差によるヘアクラック



見ただけで 下手糞! と言ってくれるのがPro
虫眼鏡でビートを観察しろ!と・・・


僕は下手糞!と怒られまくった
だから毎年 一歩前に進みたいです













  
by whosaidcant | 2011-10-26 15:26