2011年 12月 17日 ( 1 )

1926 Racing Eight

L.Aのミュージアムで撮ってきた写真 10年位前でしょうか

1920年代の世界最速の車が修理で入ってきました


c0213212_4222239.jpg





もうメーカーも戦前になくなり

マニュアルさえ無い車のレストアの依頼なのですが

夜な夜な 資料をWeb上で探し やっとエンジンのInfoが集まってきました





1926年にしてOHVの飛行機エンジンが車に乗っております

キャブレターは当然ゼニスのAirCraft そしてツインプラグ・ツインコイル




c0213212_4245942.jpg




デスビが凄いですが 部品が出ないので悩み中です

とりあえずクランク棒を作りまして グルグルしたところ

たまに火が飛ぶようになってきましたが まだ初爆までいけておりません



c0213212_4332966.jpg





ミュージアム級の車両のレストアは12V化する事を許してくれません

さらには何かを流用する事も許してくれません

いわゆるピリオド・パーフェクト


当時のままに実働にするのです


なにか奇麗な部品を付けてもダメ

電装だけ現代の部品を使うのもダメなのです・・・

このエンジンの最終は1936年

それまでの部品を使ってレストアですが

車よりVintage飛行機の部品を使ったほうが良さ気で

最近は飛行機のカタログばかり見ています




外装はガラス3枚割れていまして

それは1日で作れたのですが

内装とウインドウレギュレーターを外すのに4時間も掛かってしまいました


折ったり、壊したりしたら二度と手に入らない部品が付いている車両を触るのはドキドキします

このドキドキを暫くブログにレストア連載として書いていきますので



皆さんに楽しんでもらえたらと思います♪


























 
by whosaidcant | 2011-12-17 16:17