2016年 09月 05日 ( 1 )

点火式 ① 331改

いよいよ点火式当日を迎えました

結論を先に書きますと
スターターが回りませんでした

いや、書き直すと クランク棒程度のSpeedでしか回転しません
しつこく回すと スターターから煙が、、、

plugを抜きまして コンプレッションを計測しますと 左右シリンダーで 12.2~8Kg/cm2 (オイリー)

嗚呼、、、これかと。
やはり圧縮 高過ぎ、、、  

ハイチューンエンジンでは、組んだ初めのクランキングが回らないのは 実ははよくあります
ですが1時間もブレイクインすれば、普通に回ってくれます

重ねて Racing Camなので 点火時期がオリジナルと10度も変わってきます
マグネトーですから ポイント離れれば点火しますが
Crank Speedが遅い為に 点火した瞬間 逆回転方向へ動こうとするのです
(2ストロークなら逆回転でエンジンは掛かります)

これでもか と
キャブレターの上からガソリン入れて 飛行機プラグ差し込んで
マグネトーなので 空クランキングを経てクランクがSpeedに乗ってから点火スイッチを押すことに、、、

ドカーン とキャブレターから火を出しながらエンジンが立ち上がりました

オーナーさんも立ち合いでしたが
ちょっとビックリした点火式でした

きっと忘れられない日に なってもらえたかな? と思います。

c0213212_11005403.jpg

現在は 順調に工場慣らし中です
始動もよくなり、 アイドリングも安定してきました。

キャブレターはオーナーさんがオーバーホールしました
オリジナル97前後と センターはLZです(リンカーン・ゼファー用)

今後は走っての セッティングとなります
どんな感じなのか 今から楽しみです!

by whosaidcant | 2016-09-05 11:59