「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

40`Mercury 物語 ③

c0213212_019673.jpg


MercがSanDiegoにやって来た  修理の話はおいといて


何度も 何度も 打ち合わせして
僕たちのGarageで作業することになり


切った
c0213212_0423799.jpg


突合せはZERO
c0213212_0473461.jpg


スライドChopといわれる手法です
c0213212_0482628.jpg


仕事が終わってから毎日やって
c0213212_0501865.jpg


2週間で鉄板仕事 終わらせた職人
c0213212_0521918.jpg



僕と相棒は 昔、同じ職場で 毎日ハンマリングしてたから
どーだ KenにはこんなSpeedでChopTopできないだろ? くらいの勢いだった

僕は日本で毎日メールを受け取っていたんだけど・・ ちょっとくやしかった。


HopUpマガジンが写真を撮りに来てくれて
おおっ 相棒も有名になるのかな・・・ と思ったら記事になるの断ってて

なんで 断るんだい? と聞いたら

”自宅で仕事してるの知れたら 呼び寄せ仕事が少なくなる”と言ってた


c0213212_1163382.jpg



Abe`s さんは 現場での小さな変更も いつも うんうん 聞いてくださり
多分、僕たち至らない所もあったと思うのに、黙っててくださるのは
彼の人柄であり だから今でも相棒が いつも最後に聞いてくるんです

『アビーは元気?』 と


小さなGarageで 昔の白黒写真を見ながら 
前上がりで作ったMercury


海を挟んで、気持ちで進んでいたEarlyCustomは実はSan Diegoでは凄く有名になり

ある日突然 メジャーリーガーが僕たちの自宅ガレージにやって来るんです

そのお話はまた今度。

今日は僕の大好きな40‘Mercでお別れ 


                          ☆世に出なかったHopUpMagのShot☆
c0213212_271313.jpg



                       今夜だけは Abe`sで御座います
by whosaidcant | 2009-10-31 02:20

40`Mercury 物語 ②

僕たちはオリジナルのビルダーから数えてもう3世代目
僕の相棒Kyleの爺さんは昔LosAngelsでOlds CUSTOMを乗ってた

特にLate40‘sCUSTOMは謎が多い それは経験を積んだフリー職人が呼び寄せされてChopTopやBodyWorkをしていたため、Shopが違えど職人は一緒だったなんて事は今でもある。

c0213212_2118182.jpg


とりわけ30年代にKurtis-KraftでBodyWorkを修行していた職人が40年代に呼び寄せ職人としてCUSTOMしていたと言われる説が大好き

c0213212_21284487.jpg


Late40`s と50‘sのCustomの違いは50‘sCustomは完全にShowビジネスとリンクしていたのに対して40‘sCustomはIn-DoorよりはDryLakeで走っている姿が多いことで解るように、多分にSPEEDを求めたCUSTOMであると言う事。 それは最もピュアな時代のCUSTOMであり、For Streetであり、余分なアクセサリーなど無いのもそのためである。

c0213212_21444430.jpg



BodyWork職人は昔から存在し、有名Shopの下請けをし、町から町へ留まる事もなく自由にCUSTOMしていたのは今や爺様からしか聞くことができない



マイクネスのChevyもコールホスターのShopでKustomされたが、実際の作業は呼び寄せ職人の僕の友人がメタルワークを仕上げていて、雑誌にお披露目される頃には、もう違う町で次の車を切っているのである。


スポットライトが当たらない呼び寄せ職人。
”俺があの車をChopしたんだ”と言い出さないのがいい職人のマナーで
そんなアメリカの本当を僕のブログを読んでくれている方に少し知ってもらいたい


                     だから



呼び寄せ職人は 今でも ”最もピュアな時代” であった 40‘s CUSTOMに
ロマンを感じるのである。

40‘sに帰りたい職人と 当時”を感じたいドライバーの  情熱物語はまた明日!


今夜もアナタのビールのお供に  TRIDENTで御座います


                                  ☆Abe‘s Mercury☆                               
c0213212_2228245.jpg
                                                                     
by whosaidcant | 2009-10-28 22:40

40`Merc 物語

僕の思い出深い仕事の一つに40Merc EarlyCustomがあります


San Diegoでオリジナル不動車からスタートしたこの車両


オーナーは静岡の Abe`sさん

c0213212_10261857.jpg



この状態で溶接しっ放し、パテも入れてませんが
こだわりのオーナーと職人の海を挟んだ情熱物語はまた今晩

世界はひとつ! 思いもひとつ

TRIDENT SPEED SHOP で御座います
by whosaidcant | 2009-10-28 10:38

30A V8 物語

お問い合わせの多い 現在進行形30AV8ですが

オーナー様 日記を書いております
http://shifter.exblog.jp/


はじまりはこの図面 1952年 Tom Medley 

c0213212_0192960.jpg

by whosaidcant | 2009-10-27 00:39

1/8” Frameの謎 part2

つづき~ 


2ミリズレてた32レールの話を 家に帰って相棒に言ったんです  するとGoodだな~ と言うんです

いや3ミリはあったかも!
と言っても そうか そうか と取り合いません。

もうこうなると羨ましいだけのヒガミみたいになった僕。 で相棒に 

Kメンバーで行くんだってよ~ 前と後ろはAメンバーを使うんだってさ~ 先っぽ腐ってたけどフロント部分買って溶接してくれだってさ~ No1Blueで引っ付けよ~かな~  

とか言ってると なんか古い資料をテーブルに置いて、

特別に教えてやるよ~ 

と言われて Yes, Yes Sir ! と尻尾ふったので御座います。
c0213212_2339559.jpg



新車時にメーカー治具の上に左右レールと前後メンバーがSetされて

一番初めに打たれるアンカーがリアメンバーフロントで これをFirstアンカーと呼びます

そしてFメンバーはラジエターホールを基準に電着されアンカーが打たれます

その他のアンカーは全てこれを基準にテンプレートで打たれていきます

そしてBodyを乗せる為のマウントホールがレールに空けられるのですが それはFラジエターホールを基準にしてBody最後部(リアメンバー部)のボルトホールがFirstボルトとなり、それを基準に前にテンプレートでボルト穴が開けられていきます。

その理由を話せは明日になるから省略して

計測の話です 右左、クロスに計測

①リアFirstリベット To Front リベット

②リアメンバーコーナー To Frontメンバーコーナー

③リアBodyマウントボルトホール To Fメンバーラジエターホール

注)A~48 まで基準は一緒らしいです

この3Wayで計測しますが、あくまでも基準リアFirstアンカー To ラジエターホール が3.2ミリ以上ずれていない事が前提です。 1~3 が3ミリ以内だとOKですが ズレててもフロントメンバーアンカーは当てにならないから基準OKなら計測を進めます

で34‘までならズレてるとドライバー側のレールのギアBox穴辺りにストレートエッジを当ててシックネスゲージで落ち巾を計ります。 まずはそこをストレートに修正。

次はセンターのメンバー取り付け部がVに曲がっていないか計測 曲がっていれば修正。

その後Box加工などに進みます。 慣れてるShopなら計測&修正は1日で終わります。

Fメンバー ~ リアメンバー までのアンカーやBoltホールはレールがハの字に歪むので、もともと基準でもないし、左右の誤差も6ミリまでOKなので車軸を改造する時やMotorマウントを作る時には基準にしたら絶対ダメで御座います。

いつでもFirstアンカーを基準に距離を計測し ラジエターマウントホールのセンターを左右レールに罫書き、クロスに計測してマウント位置やセンターメンバーを罫書かないと、車軸で4ミリ以上狂ってしまいます


計測を正確にこなし 基準さえ間違わなければ たとえ32にAメンバー前後を溶接してもBodyを乗せてグリルを取り付けても、純正のボンネットが1ミリの狂いも無く乗っかり、完全にチリあわせがオリジナルのままに完璧に進むので御座います


Netで売ってる How To Built 本シリーズはNewフレームを前提にした本なので
メンバーセンターやメンバーコーナーからクロス計測していますが、 60年以上経たオリジナルはもう少し奥が深いので御座います


☆Tridentで計測させていただいたオリジナル32FrameにTridentオリジナルXメンバーを作らせて頂いたCustomFrameです☆
c0213212_0523723.jpg



狭い大阪の下町でもスイスイ走れる軽トラよりも切れ角のあるステアリングをお望みの方!

そんなアナタの為にTRIDENTは年中無休で御座います。



  ☆友人の車  32/5w オリジナル32Frameに前後Aメンバーに59AFlatHead☆ 
c0213212_1425780.jpg

                         


長くなりましたが 最後までありがとう御座いました.



次週は、僕がはじめてアメリカでChopした『涙の49Ford母さんTop物語』で御座います。

爺様オーナーに当時と同じガス溶接でChopしろ! と言われた職人の涙の物語
鉄がうねる! 金具が無い! スパッターで屋根燃える!船底修理技術とティニングコンパウンドの秘密etc..

チャンネルはTRIDENTで決まったぜ! 
by whosaidcant | 2009-10-26 01:09

1/8” Frameの謎

戦前FORDレールについて
今夜もアナタと楽しいひと時を 分かち合いたい TRIDENTで御座います。


レールの修正の仕方は1000通りありますが、計測の仕方は一通りしかないのが
VintageFordの深い所であり、計測の基準を知らないと1000通りの修正も意味が無くなるのは残念な事であり、ラック&ピニオンやエアライドを組むのにも必要な知識で御座います。


厚みが違ったり、スタンプが違ったり、デトロイトスタンプとカナディアンスタンプの違いが見ただけで解る方は相当、オリジナルをやり倒した方で、そんな男は案外ProShopには少なく、HobbyでHotRodを楽しんでいる人に多いのもFordの謎で御座います。


突然ですがオリジナル32レールにAメンバーの当時レールです
c0213212_2313894.jpg


友人が手に入れたので『計測手伝って』と言われてホイホイとHotRodHellへ。

よっしゃ!そしたらKenが前な! と言われてスケール持ってフロントメンバーのアンカーに当てました。

すると・・・・

ノー ノー NO! そこちゃうやん! と言われて

ほな、ここかな・・・とメンバーとレールの角に。

Dame! ダメ ダメ デスヨ・・・Non NO~ とまた言われて・・・

わかった!ここや! とレールの先っぽに当ててみた

Ahaha Ken もうええから 

と笑われたけど どこかわかんない僕。

フロントはラジエターマウントホールだよ!と言われて、 

でもリアはアンカーに当ててるやん? 

と聞いたら 

あはは リアはここでいいんだよ! と笑ってる

リアメンバーの一番前のアンカーとフロントメンバーのラジエターホール。

ほんまにこれでええんかい??と思ったけど 対角に計測して
2ミリ弱ズレてた

ほ~れ 意地悪するからズレてやがる♪ 

と口の端でニタニタ笑っていましたが、 友人は 

Niceだろ~ ん~ファッキンクールだぜ~!

と嬉しそうにWD40(錆び止め)をシュッシュして笑ってる。


まっいっか、本人ズレてても嬉しいんだから

と思っていたら 後からとても恥ずかしい目に逢った という話

ここまで書いて 眠たいから また明日

つづく・・・


TRIDENTでWorkさせて頂いたオリジナル32レール
c0213212_351087.jpg

by whosaidcant | 2009-10-25 03:07

Vintage Tools

TRIDENTは手道具のほとんどがVintageで御座います

今でも十分使えるクオリティーのMade In USA
毎日使っている仕事道具です


尺物はインチしか持っておりません
c0213212_2352388.jpg



UNION MADE
c0213212_23553329.jpg



急に何センチ?と聞かれてもお答えできません
c0213212_2357204.jpg



初期型で御座います
c0213212_003922.jpg



戦前Snap-On  狭い所でカリカリするの苦手なラチェット
c0213212_04535.jpg



戦前Blue Point  
c0213212_054921.jpg



CRESTOLOY戦前 後にSnap-Onに買収されます
c0213212_010173.jpg



戦前Blue-Point と戦後首フリSnapーOn
c0213212_0124512.jpg



VacuumGrip 1930年代
c0213212_0174760.jpg




VacuumGripとSnap-On ダブルネーム 1940年代 戦後はSnap-onに買収されます
これは戦前FordのデカイC"クリップ用です
c0213212_0234752.jpg




音だけデカクて全くゆるんでくれないインパクトだけど、好きなんです
c0213212_0272885.jpg




安いから旧ロゴという訳では決してございません!
c0213212_0304475.jpg




アメリカはコレを使っています の ガラス用ローラーカッター
今でも買えますが形がかわりました これはデッドストック新品
曲線押し切り用で 僕はこれでラウンドガラス5枚切りました。
”切れない” と断られた方 TRIDENTが期待に応えるかも?です。
c0213212_0444752.jpg




シックネスゲージ社 戦前 と廃盤Snap-On
今はBlue-PointとなりMade In USAの文字が消えました。
c0213212_054633.jpg



次回は戦前特殊工具編しよかな・・・
内燃機Tools やFordディラーTools

Vintage工具の魅力は 古きよき時代の物造りを感じられる所です
道具一つ一つが丁寧に作られていて 今でも十分使えること







最後まで見て頂きありがとうございました。







☆AIRCRAFT TOOLS INC☆
c0213212_110045.jpg




                       ☆TRIDENT SPEED SHOP☆
by whosaidcant | 2009-10-22 01:18

俺とお前のNo1.BLUE

それはSanDiegoの昔からある部品屋に行った時です
Chevy216のNOSデスビを買いに行って 店主に倉庫に案内されました


そしたら当時HotRodHellで一緒に働いていた相棒がボクを肘で突くんです
『Hey Ken あの棚を見てみな 』

それはパッケージがボロくなってたけど新品のNo1.Blueでした。

☆No1.Blue☆
TRADITIONALなSPEED SHOPには必ず置いてある溶接FLUXESです

当時レールやWishboneの溶接、砂型鋳物の修理の時に職人が缶から出している青い粉!
よっしゃ見つけた!と VintageTin缶を指差して ハウマッチ連発のボク。


在庫全部、5個ほど買って、ルンルン気分で相棒の家のGarageに置いていたら、皆が『売ってくれ』と言ってきて結局日本に1缶しか持って帰れませんでした。


今はHARRISというメーカーのFLUXが主流ですが
僕はこのVintageTin缶のNo1.Blueが大好き 


見た目ボロくても心は錦
そんなHotRodには良く似合うNo.1BLUEをTRIDENTからお届けです
c0213212_0295257.jpg



1000ある溶接手法の中で
No.1 BLUEに関しては自信のあるTRIDENTで御座います







鋳物の部分で切断 TIG FLUX Welding with No1.BLUE
製造時と同じ箇所で溶接するので色が入るとCustomしたことが解りません

c0213212_0453610.jpg





溶接後は砂に入れてジョレイしておきます
c0213212_058161.jpg





TRIDENT SPEED SHOPブログはリンクフリーです 

ご意見 ご感想 なども受け賜っております
E-MAIL  trident@carol.ocn.ne.jp
by whosaidcant | 2009-10-19 01:25

Saturday Knight 

赤い灯 青い灯 道頓堀の 川面に映るネオンの灯を

SPレーコードの調べにのせて 今宵も やって来ましたTRIDENTで御座います


タイムトラベル クロスオーバーイレブン


ビール片手にど~ぞ。





4Bangerばっかり♪









Ina Ray Hutton はVintage界のアイドル








Where That Tiger !







今でもTRIDENTで現役 Vintage Welding Tool
c0213212_0414719.jpg




TRIDENTは24時間Old Fashioned LOVEで御座います
by whosaidcant | 2009-10-18 00:16

Old Style Welding


アナタが望めばOldStyleの溶接もしているTRIDENTです


オリジナルレールとメンバーの補強はMuroc(DryLake)の時代からBlassWeldです
c0213212_0512656.jpg




ショックマウントやヘッドライトマウントなどを取り付ける為、オリジナルのアンカーを切り飛ばしてしまったレールやFアクセルのキャンバーをLakeStyle"9度にしたい方で、どうしてもオリジナルメンバーを使いたい方は、一度外して角度決めて取り付ける際にBlassWeldingをど~ぞ。
c0213212_0563139.jpg



Yes! We Can  モノトーンの景色を求める方に当時技法をカラーでお届け TRIDENTで御座います。
by whosaidcant | 2009-10-16 01:27