「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

39` Flathead

1939 A`Letter Flatheadもボチボチ出来上がってきました♪


21世紀の鍛造RacingPistonとTRIDENTで今でも現役VintageGageです
古いMade In U.S.Aは作りもよく分解してメンテしやすいので好きです

c0213212_22584025.jpg




SchneiderRacingバルブスプリングに.40シムを入れました
箱がカッコイイメーカーや色の付いたスプリングなどイロイロありますが
スプリングを作っている工場は同じですから、僕はパッケージになんの印刷も無いSchneiderが好きです

カムはTRIDENT/SS 3/4RacingCamを選んで頂きました♪
フルフローティングRacingCamなのでカムのジャーナルはアンダーサイズに削り、それに伴いカムメタルもアンダーサイズを用意して、クリアランスをオリジナルよりも大きく取っています



c0213212_2316032.jpg
 



今回はSTROKERで御座います
H-BeamコンロッドがSpeedしか求めていない証です

c0213212_2322673.jpg




オリジナルではTinコーティングメタルだったクランクを
ScatのRacingクランクと後期型メタルでフルフローティングにしました
よって39年Blockは油圧やオイルラインの改造が必要になります
EndPlayは39Blockの場合Flywheel側のメタルをナイフで削ぎます


c0213212_2344741.jpg




この仕様で180馬力/4500rpm くらいですがオリジナルの2倍の馬力になります
吸気は390cfmがMaxなのでStronberg97が2機で街乗りは濃いくらいで、リプロの97なら少し薄いくらいの計算になります(cfmがリプロはオリジナルと違います)


Hop-Upしても組み上げれば見えないエンジンの内側ですからブログに上げました



Falthead Forever !  貴方のご来店を三つ指ついてお待ちしております♪




c0213212_0165874.jpg

by whosaidcant | 2011-04-30 00:18

4ミクロンの公差

TRIDENTのドラムブレーキのドラム研磨は新幹線の部品を削っている工場にお願いしています


何も言わないでも普段から公差4ミクロン以内のお仕事
自動車関係では見慣れないデカイ旋盤が動いています

戦前のドラムはハイス鋼の刃物で
丁寧に加工してくれます


c0213212_2231382.jpg



稀に歪が大きい物、焼きが入った物はお断りすることもありますが
受けてくれれば その仕上がりは自動車の公差ではなく、新幹線の公差です


リプロダクションの新品ドラムもひどい物は15/100ミリ 芯からズレていますので
東京ー大阪 間を時速300km/hでドラムブレーキで走りたい人はTRIDENTのドラム研磨をどうぞ

お値段は持ち込む固体により違いますが、一般的な自動車のドラム研磨と同じ値段でご提供しています


戦前ドラムにパワーブレーキ、Buick/FinドラムにF1バッキングプレートの当時最高グレードのBendixStyleの組み合わせには鋳鉄リング温間打ち込みのサービスも致しております。 


c0213212_22395757.jpg



アナタのVintageCarを1メートル手前で止めるお仕事を承っております

いつもキョロキョロ 余所見の多い方や
いつも道端の廃車固体を振り返ってまで見つめているドライバーにもお勧めです♪

アナタのわき見運転の癖は直せませんが
ブレーキなら直せるTRIDENTです
by whosaidcant | 2011-04-25 23:04

POWERGLIDE 改

ChevyのPowerglideをO/Hさせて頂きました

当時のPowerglideは大きく分けて3種類
50-54までのアーリー
54-62のA” Type
62-UpのB" Type

今回は50Chevyに積まれていたアーリーです



Chevyはコンバーターが割れるので便利ですね!
Fordは切断してコンバーターの中身を修理してまた溶接で閉じるのでやっかいです
最近はインターネットの普及で珍しいATでも部品が探せるようになりましたが
一昔前は、毎回切断して修理して溶接していました
c0213212_2175430.jpg




何故だかフロントポンプが微妙に斜めに圧入されていました
それでも動くのがPwerglideのタフな所ですね!
c0213212_21221361.jpg





クラッチハウジングはアーリーでしたが中身は58年のTurboglideのSun Gearとクラッチ板が入っていました。当時Hop-Up恐るべしです

c0213212_2127225.jpg




Plunger Bodyは54年以降のTypeA"が使われていました

c0213212_21314638.jpg





どの部品を手にとってもFordよりも分厚くて頑丈に出来ているPowerglide
ATバンドは当時のFordの1.5倍は厚みがあります、長く採用されていたので組み合わせも自由自在♪
LateModelはアフターマーケットも充実してますね!
長く愛されている理由が解ります


部品に少しだけ悩みましたが
丁寧に組み上げてエンドPlayもOKです
ボルトやフィッテイングがポキポキ折れた気がしましたが
全て修理済みです

POWERGLIDE改 50年振りかも?のO/Hのオーダーありがとう御座いました
by whosaidcant | 2011-04-24 21:51

お久しぶりです

『元気にしとんかい?』
お問い合わせ頂きました ありがとう御座います

暫くブログをする気が起きなかったのが現状ですが
ボチボチ上げていこ と思います

震災で仕事をする気が萎えてしまっていた時
在庫で売れる気配が無かったSchneiderのFlathead用の強化バルブスプリングが
なんと携帯も繋がりにくかった被災地から注文を頂きました


ちょっと嬉しかった♪

そして元気を頂きました
ありがとう御座います!



c0213212_23394155.jpg

by whosaidcant | 2011-04-21 23:40