<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

日本最古のピラミッド??


考古学ファンの皆様、こんにちは。
お盆には約4000人の行列になった近所の古墳を見学しに行きました

カメラを鞄に詰めて バイクで10分で到着

c0213212_12402337.jpg



まだ発掘が続いていました

c0213212_12435633.jpg


どうやらこれが石を積み上げたピラミッドらしい。

【抜粋】
奈良県明日香村にある都塚古墳(6世紀後半)を調査中の同村教育委員会と関西大は13日、墳丘が階段状に垂直に石積みされた“階段ピラミッド”のような外観だったことが分かったと発表した。国内に類例は見当たらないといい、村教委は「この時期の古墳の推移や飛鳥文化を考えるうえで重要だ」としている。

c0213212_12453982.jpg



非常に宇宙のパワーを 感じます

感じます 感じます、、、、、(個人差あります)

c0213212_12594760.jpg



思わず感嘆の声を上げてしまいます
『うお~ッ』

c0213212_1324962.jpg


王が眠る墓ですが  ふ、蓋が開いてます、、、、

壁面には蛇と亀の壁画もあったらしい、、、

蓋を開けた人は 今頃、きっと、、、、



すると、発掘されていた方が もっと不思議な所あるよと教えて下さいました

それはここ

c0213212_1311583.jpg



古墳からさらに山に入ります
鉄の鍵を 自分で開けて石を拝観しに行くのですが

真夏の昼に 鳥肌立ちましたね

めっちゃやばい いや、 久しぶりにやばい物見ました。
怖くて写真も撮っておりません

お一人で行かないこと お勧めします。


ピラミッドパワー
信じるか 信じないかは 貴方次第。

本日、夏休み最後の日曜日ですね
皆様、良い週末を。
by whosaidcant | 2014-08-31 14:09

Chopped and Leaned


Model A RoadsterのWindshield Stanchionが送られてきました

指示書はオリジナル部品のChopです



指示通りに1”Chopさせて頂きました
長さを詰めるだけでなくTopを取り付けるためのクランプ位置の角度も変更です

写真は完成品です
c0213212_2281218.jpg



1930年のアルミ砂型鋳物を切断して溶接ですから細心の注意を払いました
ですが気泡が沸きます 気泡は無くなるまで全て削り落として、何度も溶接します。
気泡は普通にオリジナルにはあるのですが、溶接箇所で折れると言い訳出来ないので納得するまで巣穴は埋めます

c0213212_321872.jpg



現在ではリプロダクションですでにChop済みが手に入ります
オリジナルは置いといて リプロダクションを加工するのもアリです
素材もステンレスやSteelのクロームで溶接難材ではありません

どちらを選ぶかは貴方次第、、、
TRIDENTではどちらにも対応しております
c0213212_384316.jpg



400番まで研磨して 軽くバフ仕上げ
鏡面にすると1点豪華で車体と調和が取れませんのであえて仕上げてません

MADE IN USAの刻印も誇らしげな時代
c0213212_3222537.jpg


車体装着はR.GREASERさんのブログでお楽しみ下さい!
いつもありがとう御座います!
by whosaidcant | 2014-08-23 00:11

人材育成

新聞社さんが取材に来てくれました ありがとう御座います!


TRIDENTでは本年度よりポリテクセンター(訓練校)と共に

将来の人材育成に取り組む事となりました


c0213212_2244778.jpg



順次、様々な講習をご案内致します

Hobbyの方も歓迎です

TRIDENTが国の認可受けて講習できるのも、ご愛顧頂いている皆様のおかげです。

すでにものつくりに関するJISは全てお持ちの方、さらに上級の技術講習もご案内できます

溶材メーカーさんと協力して鋳物溶接講習なども検討いたしますので ご期待下さい!
by whosaidcant | 2014-08-21 01:54 | 人材育成

点火式


40Mercが遂に点火式を迎えました



c0213212_23315049.jpg



特にドレスアップを好んでしておりません

40`s Customですから、6Vのままに仕上げてあります


c0213212_2336106.jpg



日本酒用意いたしまして 97に数滴 飲ませて

クランキング


ボン!と火が飛び いきなりアイドリングしました。
何も漏れてこないことを確認して、、


お疲れ様 乾杯!

いろんな事 思い出しながら飲みました


c0213212_23441712.jpg



ホワっと光る 6Vの灯火にほろ酔い

よいお盆となりました。


エンジン/トランス 共にオリジナルでした

少し改造しましたがFlywheel、クラッチ 等々、全て手を入れております


40MercはForSaleです

まだ手を入れるところはありますが 価格は一旦ここで仕切りまして

現状500万円です


慣らし運転からはじめる車両もそうそう出ないと思いますが

さらに作業は進める予定ですから 一旦この状態からご自分で仕上げたい方

このまま乗りたい方 他店で仕上げる方、

どちらも歓迎です


もちろんTRIDENTで引き続き作業を依頼される方も歓迎です

さらに手を入れればお値段 上がっていきますので

気になる方は お問い合わせ下さい


まずはメールにて お願いします
trident@carol.ocn.ne.jp 迄

既存の顧客様は お電話下さい!
by whosaidcant | 2014-08-17 00:27 | For Sale

Banjo


戦前のFord純正デフで御座います
慎重に分解しました

c0213212_122224.jpg



全ての部品が70年以上前のフルオリジナルです
ベアリング、レース、シールまでFord刻印ですが、交換いたします

アクセルハウジングシールは当時フエルト素材で、写真の物は中のスプリングが飛び出してアクセルシャフトを削っていました。 

早めに気付いて良かった!


c0213212_1365718.jpg


Pinion圧入です
分解も圧入もBanjoケースの温間指定 ダブルテーパーのレースをベアリングで挟んで圧入しますが特殊工具が必要なのと、キャスト鋳物が割れるんじゃないかという心配をするほどに分解時は硬いのとで、何度作業しても心臓に悪い作業です

Newのレースはケース歪みを考慮して現在オフィシャル部品は2~2.5/1000”小さなサイズで届きます
きっと割ってしまった人も多かったんだと思います
部品も進化しているのは嬉しいですね!
圧入の公差を追いかける仕事が省けます、数年前までは外注先で研磨して整えていました

c0213212_1402455.jpg



工数の約1/3が 実は洗浄です 75年も経つとグリスとオイルとスラッジが固まり 石のようになってます

キャリアケース組み
c0213212_2221253.jpg



Newギアセットを規定値に追い込みます
ベアリングは全てグリスPackしているのはHotRodの場合Pinionの角度変わりますので
油面が変わり潤滑不足を防ぐ為の対処です

Pinionが水平より下に向くBanjoはケースの改造、トルクチューブの改造もTRIDENTでは当たり前に作業しております

c0213212_2502179.jpg



測定とシム調整は複数回繰り返します
PinionのLashは007”です 使うギアやNew/Usedで組み方変わります

c0213212_2565452.jpg



今回は出る部品は全てNewでした。
さすがにスムースに規定値でPinionが回転してくれます

うん、今回はいい仕事ができました。ありがとう御座います!

BanjoのO/Hは個人様はもとより業者様下請けも致しております
なんなりとご相談下さい
by whosaidcant | 2014-08-05 06:41