<   2016年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Garage Life

Cadillac 331改 は工場慣らしも終わりまして
ウインカーなど取り付けて 登録してナンバー付にする事になりました

c0213212_00411647.jpg
Buick はモールなどを発注するのに 車体番号などから詳しくモデルを調べました

1950 Buick Super Riviera Model56R 
これが正式な モデル名です
RIVIERA! 美しい名前です しかもSuper !

早速、専門店にモールなどの部品を発注すると、、、
リアウィンドゥの純正モールが 欠品、、、納期未定との返事

焦りまして、、ありとあらゆるモール屋さんに連絡しまして
やっと1件 見つけましたのは
メーカーのOEM工場でした

『作るから ちょっと待ってて』 と返事

待つこと約2か月

先日やっと 届きました!
56R 用
他のモデルは 互換性あるのに
56R リヴィエラは専用モールでした

でも、新品部品が今でも出るのは凄いな
出来立てなのもゴム部品なので嬉しいですね

さてBuickも作業再開します













by whosaidcant | 2016-09-19 01:08

#61


#61 タイムマシーンですが 今年の千里浜はお休みです


c0213212_02275565.jpg
ストリームライナー に変身します。



by whosaidcant | 2016-09-16 01:27

Flying Model A Club

4 Banger Love の皆さん こんばんは

クランク棒 回してますか~ ? 

。。。。。。。。、、、


さて、今夜は 空飛ぶFordエンジン のお話で御座います

V8 Club の方々には

走らない 馬力ない 部品もない など
全く Hot Motor として相手にされていない4Bangerですが

4Bangerは 空だって飛べるぜ! という
夢のある 写真です

c0213212_00401587.jpg
 Model A 用のプロペラを在庫してるのは
日本でTRIDENTだけだと思うのですが

誰か 琵琶湖からフロート機で飛び立ちたい方は 相談には乗ります
素面では お話できないですから
湖畔でお酒でも 飲みながら、、

c0213212_00401674.jpg
僕がプロペラを買ったのは 15年前です
Swap meetで $200でした

Model T&A or VW For Flying と書いてありました
皆からは爆笑されましたが 僕は結構まじめに欲しかったのです


c0213212_00401592.jpg
Model A 改 飛行機エンジン モックアップ
どう見ても 自作エンジンですね! オイルラインが凄く改造してあります
バルブルームにオイルが貯まらなくしてあるのかな?
きっとフルフローティングなんだろうけど、、 クランク見てみたいですね!
もしかしてModel C Banger ??

謎ですが 素敵過ぎます


c0213212_00402392.jpg
4bangerは Hop-Upの方向として 飛行機みたいなエンジンに仕上げるのがマニア向けです
いや、Hop-Upされた4Bangerは 僕は飛行機エンジンに見えます
ええ? 早く寝ろって?

もうすぐ寝ますよ
ほっておいたら もっと本とか出してきて読んでしまいますから、、

ではでは 皆さん Good Landingを







 


by whosaidcant | 2016-09-15 01:32

1951

1951 San Diego

カッコ良い 写真見つけました

c0213212_01232816.jpg
Drag Strip の写真
フレームエンドに ステップが、、


c0213212_01232828.jpg
反対側はクラッチリンケージが、、
良い写真で思わず 保存、、


c0213212_01234103.jpg
1951年 です



c0213212_01302782.jpg


当時のレース写真見てるとフットボールヘルメットの人もチラホラ

アメリカングラフティーのラストも パラダイスロードへ皆が移動していくけど

本当は Paradise Mesa だったりして !


ではでは、 良い週末を。





by whosaidcant | 2016-09-11 00:23

点火式 ① 331改

いよいよ点火式当日を迎えました

結論を先に書きますと
スターターが回りませんでした

いや、書き直すと クランク棒程度のSpeedでしか回転しません
しつこく回すと スターターから煙が、、、

plugを抜きまして コンプレッションを計測しますと 左右シリンダーで 12.2~8Kg/cm2 (オイリー)

嗚呼、、、これかと。
やはり圧縮 高過ぎ、、、  

ハイチューンエンジンでは、組んだ初めのクランキングが回らないのは 実ははよくあります
ですが1時間もブレイクインすれば、普通に回ってくれます

重ねて Racing Camなので 点火時期がオリジナルと10度も変わってきます
マグネトーですから ポイント離れれば点火しますが
Crank Speedが遅い為に 点火した瞬間 逆回転方向へ動こうとするのです
(2ストロークなら逆回転でエンジンは掛かります)

これでもか と
キャブレターの上からガソリン入れて 飛行機プラグ差し込んで
マグネトーなので 空クランキングを経てクランクがSpeedに乗ってから点火スイッチを押すことに、、、

ドカーン とキャブレターから火を出しながらエンジンが立ち上がりました

オーナーさんも立ち合いでしたが
ちょっとビックリした点火式でした

きっと忘れられない日に なってもらえたかな? と思います。

c0213212_11005403.jpg

現在は 順調に工場慣らし中です
始動もよくなり、 アイドリングも安定してきました。

キャブレターはオーナーさんがオーバーホールしました
オリジナル97前後と センターはLZです(リンカーン・ゼファー用)

今後は走っての セッティングとなります
どんな感じなのか 今から楽しみです!

by whosaidcant | 2016-09-05 11:59

記録写真

Cadillac 331 エキゾーストセンターポート

切削加工され 溶接肉盛り 390のガスケットを使用します

センターポートは3,5番/4.6番シリンダーの共通ポートですからHop-Upすると熱の問題に悩む箇所です
Rocketのエンジンではウォータージャケットがポートの際まで来ていますから、ビッグポート加工する事は出来ませんが、Racing Camを組んでもエンジンBlockが焼ける事はまずありません。

ですがCadillac、、Racing Camを組みますとインテークのバイパスポートも閉じることになりますから
熱がセンターポートに籠ります

削って 削って 肉盛りして シリーズ最大排気量の390に合わせた形にするのです。

エンジンビルダーにしか分からない話でスミマセン

c0213212_11403772.jpg
ウォーターポンプを純正6枚羽から8枚へ
ハイボリュームKitを組み込みました

日本仕様といいますか
どんなエンジンでもハイボリュームに変えて欲しいのが本音です
ケースを閉じる前に軸とPumpは専用の溶材にてPin溶接しておきます
(写真は圧入時のものです)

c0213212_11403715.jpg
点火系

マグネトーは特注したHunt タコドラ付きで御座います

1949-52年 用 そんなものはカタログ落ちしてますから
別注で1品 製作しました


c0213212_11403749.jpg
実はCadillac331には マグと相性のいいスパークプラグがありません

そこで用意したVintageです AirCraft用 New
(値段はびっくりするほど高価です)

コレ、どんだけシリンダーにガソリン入れても 点火します、、
普通のplugでカブるエンジンでも、、
これを使えば ドン とエンジンが立ち上がる

特に組んだばかりのブレイクインに使います


ちなみに今回の別注マグ新品は22万円です

安いか高いかは 貴方次第

ですが低回転でガンガン火が飛ぶ 現代のNewマグがあったら、、と
カタログにも載っていない希少なエンジンを持っている方は1度は考えるのだと思います

別注マグは何時でも受け付けております
必要な方はご連絡下さいませ。

さて、次回はいよいよ点火式です






by whosaidcant | 2016-09-03 12:44