<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

師走です ⓶


割れた4Banger Head が届きました
アメリカに返品しようとしたら、送料掛かるので日本で捨ててくれと返事が来ました

燃焼室~ウォータージャケットへの割れで 使えません
ゴミ箱行き、、、
 完品は後日、送って来ました

さて、この割れたHead ゴミですので モック用に格安で売りに出そうと思っていたら
友人がSOLDしました


ええ、当然こうなります

c0213212_01113910.jpg
 余熱は保険みたいなものです

ここまでは写真撮りましたが
溶接始めるとカメラを持つ暇がありません


c0213212_01113977.jpg
いきなり完成
オーナーが手研磨しました。 技術系お仕事なので流石。

僕が見てもどこを溶接したか分からないくらいに研いでくれました
情熱が、、熱い!





c0213212_01113958.jpg
デフは先週抜いてましたが 作業終わり合体
点検は前方に移行してきました

年内にエンジン掛ける予定で進めます!










by whosaidcant | 2016-12-23 00:09

師走

師走です バタバタと急いでも仕方ないけど
気持ちが急いでしまいます。

お陰様で 年内無休で営業致します。


フロントベアリング&レース 3台分を用意して
一気にグリースパックして組みます

1台目

c0213212_00254414.jpg
希少、1935年 ロッキーマウンテンブレーキ 機械式のドラムです
消耗品ALL NEW にしてシャキッとしました

ベアリングレースは純正品 80年前の部品でした、、
グリースシールは二つに割れてました、、


2台目

c0213212_00254318.jpg
57Buick ドラム  当時最強の組み合わせはF1バッキングプレートに合わせるのだけれど
こちらは40バッキングプレート

Fordのスピンドルを使う場合、、
F1に合わせる場合は トラックハブを使い
40に合わせるときは Pick-Upハブを使います
Passのハブを使う場合は レース座面にシムが必要となります。
*現在新品はPick-UpとPassは共用部品で出ていますが、オリジナルはサイズ違います*

実はなかなか組むのが難しいドラムで 知識要りますが
輸入車に付いてきた方は ベアリング交換するときが要注意です、、

部品の考察をしたくない方は 新品が出ておりますが、、

この車両もフエルトシールの当時物&レースはFord純正品
かなり昔から交換されていませんでした

**********************************

3台目は、、  出張交換です。
年内行けたら」いいな、、

ベアリングは消耗品ですから 定期的に交換しましょう。
特にベアリングレースは特工要る為に輸入車でもホビービルダーから購入した物は交換されていない車両が多いです
(もしくはハンマーで叩き入れている、、)

80年前の純正マークの打刻は嬉しいですが
さすがにベアリング類は、、、

国内で1度も交換されていない方は 一度点検することをお勧めします。











by whosaidcant | 2016-12-22 01:08

1957 Cadillac 365

ここ数年は 必ずRocketかCaddyのOHVが工場にある状態が続いております
49年331が慣らしも終わりそうな頃に、次のエンジンが到着しました

1957年のCaddy 365です

お客様指定のPistonも届きました
業者様なのでBlockは洗浄され、分解した状態で届いています

なので早速計測
 
c0213212_19020564.jpg
右はオリジナルPiston スタンダードサイズ

オーダーは030/Piston でしたが 届いたら040ポンチが、、
ん? そういやセーラーから何かメールが来てたと 読んでみたら
『040だけど 使えるから気にするな兄弟!』 みたいなメール

?????
計測すると やはり030のオーバーサイズ、、
え???

ポンチの打ち間違えだ! と気づくのに15分ほど掛かりました。
どうりで、、バーゲンプライスになってました!


c0213212_19020633.jpg
心配なので 温間でも測る事に、、
30~40度くらいでPiston Pinは自重で落ちてきます、 うん良好ですね。

ですがPiston Pinが計測すると 新しいのがオリジナルPinよりも2/100大きい、、、
早速、スモールエンドを温めて入れるも 200~250度でも手で押し込んでキツイ、、、
でも入らない訳ではない、、 それ以上も温めたくない、、

う~~~ん

しかも Piston重量が オリジナルと14g違う Newが重いのです


むむむ、、、

鍛造Pistonではないので3gも取れない鋳造Piston
Piston Pin は削りたくない、、
 コンロッドかな、、 オーナーさんと相談ですね。

いずれにせよこのままだと組むと振動出るかもです


c0213212_19020540.jpg
内燃機屋さんに出す前に 指定の場所を計測 クリアランスを出します

スカート 下でZeroは戦前のサイドバルブと同じ
同年式ではCadillacはOlds/Rocketより古臭いシステムを使ってますね、、

さて、これがマニュアル基準ですが
この先の実際の加工の寸法と仕上げは話し合いとなります。


バーゲンPistonなのですが
少しでも良いエンジンにしたいですね!



by whosaidcant | 2016-12-15 20:36

1952

ある日の 午後
c0213212_14400527.jpg
走ってる Chopper Showクオリティー


c0213212_14400480.jpg
製作は 紫雲さんです

とにかく美しいのですが 走ってる
良いもの見れました ありがとう御座います!


by whosaidcant | 2016-12-10 15:04

記録写真


オーナーの分解速すぎて 記録写真撮るのが追いつきません
5年目のBanger
c0213212_11522206.jpg
預り1週間経ちましたが デフまで分解して 現在部品待ちです。




by whosaidcant | 2016-12-05 11:59